真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

富士フイルムHD<下>古森CEOが進めた「脱・写真フィルム」

公開日: 更新日:

 3月31日、富士フイルムホールディングス(HD)は、6月の株主総会で古森重隆会長兼CEOが退任すると発表した。

 古森氏は2000年に社長に就任し、21年間にわたりトップに君臨してきた。そしてこの間、富士フイルムHDは姿を大きく変えた。

 社長就任当時の社名は富士写真フイルム。その名のとおり写真用フィルムの会社だった。しかしすでにデジタル化の波が押し寄せており、写真フィルムの前途には暗雲が漂っていた。そこで古森氏は「写真フィルムではなくデジタルで稼げる会社を目指す」と大きく舵を切る。

 今から考えれば当然の選択だろう。しかし、当時は営業利益の半分を写真フィルムが稼いでおり、それを捨てるのは簡単なことではなかった。それでも古森氏は「トヨタがクルマを売れなくなったらどうする」と社員にハッパをかけ続けた。

 就任3年後には、23年間にわたり社長・会長として写真フィルム事業を伸ばしてきた大西實氏が退任、古森氏はCEOとして全権を掌握する。そこから“脱・写真フィルム”の動きは加速する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  2. 2
    江口のりこ節NHK「あさイチ」でも炸裂 あまりのマイペースに華丸・大吉も恐縮しきり

    江口のりこ節NHK「あさイチ」でも炸裂 あまりのマイペースに華丸・大吉も恐縮しきり

  3. 3
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  4. 4
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  5. 5
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  1. 6
    新規感染も死者も世界最悪…コロナ第7波「8月上旬ピークアウト」を信じていいのか

    新規感染も死者も世界最悪…コロナ第7波「8月上旬ピークアウト」を信じていいのか

  2. 7
    旧統一教会の名称変更は“総理のご意向”か…認証前後「安倍首相×下村文科相」面会8回も

    旧統一教会の名称変更は“総理のご意向”か…認証前後「安倍首相×下村文科相」面会8回も

  3. 8
    NHK時代劇は健闘も…“7万人を斬った”大御所・高橋英樹が憂う若手俳優のヒーロー志向

    NHK時代劇は健闘も…“7万人を斬った”大御所・高橋英樹が憂う若手俳優のヒーロー志向

  4. 9
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  5. 10
    下村博文氏「安倍派後継争い」完全脱落 旧統一教会問題で求心力失い、大ボス森喜朗氏も激怒!

    下村博文氏「安倍派後継争い」完全脱落 旧統一教会問題で求心力失い、大ボス森喜朗氏も激怒!