真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

富士フイルムHD<上>デジタル化の荒波を乗り切った開拓魂

公開日: 更新日:

 この春、「富士ゼロックスから富士フイルムビジネスイノベーションへ」というテレビCMを何度見たことだろう。

 ゼロックスは米国企業で、1970年代まで世界のコピー機市場を独占しており、“ゼロックス”はコピー機の代名詞でもあった。そのゼロックスが日本やアジアで事業展開するにあたり、パートナーに選んだのが富士写真フイルムだった。

 富士写真フイルム、現在の富士フイルムホールディングス(HD)は、旧社名からもわかるように写真フィルムの製造・販売が源流で、日本国内では圧倒的、世界でも米コダックと肩を並べるほどのシェアを誇った。しかし、2000年代に入るとデジタルカメラの普及で写真フィルム市場は事実上消滅。世界の巨人だったコダックは経営破綻した。

 それに比べ富士フイルムHDは、デジタル化の荒波を見事に乗り切った。それを可能にしたのが富士ゼロックスがもたらす安定した利益だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る