有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

DeNA<上>南場智子会長の歩み 女性初の経団連副会長が誕生

公開日: 更新日:

 ⅠT大手、ディー・エヌ・エー(DeNA)会長の南場智子が経団連の初の女性副会長に就く。6月の定時総会を経て正式に就任する。

 経団連は企業の役員に占める女性の割合を「2030年までに3割以上にする」との目標を掲げている。副会長の椅子に女性に座ってもらうことが急務だった。

 世界経済フォーラム(WEF)による男女格差の指数で日本は121位。国際社会からは「女性が活躍しづらい国」と見なされている。経団連は、もちろん世界の厳しい目を意識している。

 南場は、中西宏明会長(日立製作所会長)の前任の榊原定征会長(当時・東レ会長)の時代から副会長への就任を打診されてきており、長らく副会長候補だった。しかし、副会長は、重厚長大産業の功成り名を遂げた男性経営者がなるとの財界・産業界の、いわば“常識”が邪魔をしてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る