スマホの時代に「写ルンです」なぜ人気?製造元に聞いた

公開日: 更新日:

 東京・新宿でバーを経営する70代のS子さんは最近、久しぶりにレンズ付きフィルム「写ルンです」を買った。27枚撮りで1250円ほどだったが、コロナ禍での休業協力金を申請するためには、お店のメニューなどを撮影した写真プリントを添付する必要があったからだ。

「カメラ付きのスマホも持っていますけど、撮った写真を現像する方法が分からなかったんです」とS子さん。

 そこで思い出したのが「写ルンです」だった。

 S子さんは、「撮影して、現像したら、何と真っ黒でした。また買ってきて撮影したのですが、次もフラッシュが反射したりしてダメで。お客さんのスマホで撮影とプリントをしてもらってようやく申請できました」と苦笑する。

 今や懐かしい“写真あるある”だが、そんな「不便さ」を若い世代はむしろ好んでいるらしい。ネットで検索すると、「レトロ可愛い」「おしゃれ」「エモい写真が撮れる」からと関連のブログも次々に立ち上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る