ロシアのデフォルト“Xデー”は5月上旬!株への影響は?

公開日: 更新日:

「近くロシアがデフォルトに陥る」とさかんに言われているが、その時、株価はどうなるか。

 ロシアは1998年にもデフォルトを起こしたことがある。ソ連崩壊後ずっと続いた経済疲弊に、97年のアジア通貨危機がトドメを刺した。原油価格の低迷も重なり、外貨の資金繰りに窮してデフォルトに陥った。

 その影響で、ロシア国債を大量に買い付けていた米大手ヘッジファンドLTCMが破綻、世界の金融市場を揺るがした。米FRBが98年9~11月の3カ月間で3回の利下げを実施し、金融不安の沈静化に動いたことで、かろうじて米国株価の暴落は食い止められたのだが、日本株はそうはいかなかった。

 当時の日本はといえば、長銀、日債銀が経営破綻する金融危機の最中にあり、日経平均は98年10月に1万3000円割れし、その時点でのバブル後の最安値を更新した。ロシア危機やそれに伴う世界金融危機に大きく揺さぶられたのだ。

 今回はどうか。

 いまロシアは、デフォルトの回避に綱渡りを続けている。今年3月のドル建て国債の利払いはなんとか履行し、4月4日の21.29億ドルのドル建て国債の償還、利払いも償還額の7割強をルーブルで前倒しして見込みが立ったとされる。しかし、米財務省はこれを承認しなかったことが判明している。米政府は、投資家はダメージを受けるが、ロシアをデフォルトに追い込むことが得策になると考えているのだ。いまの状況だと、4月4日から30日の猶予期間後にデフォルトが確定する。つまりXデーは5月上旬である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾