利権漁り東京五輪 二転三転しそうなゴルフ会場のドタバタ

公開日:  更新日:

 選手村から半径8キロ以内のコンパクト五輪を実現する――。

 IOC(国際オリンピック委員会)に大見えを切ったはずの根底が大きく揺らいでいる。発端は、舛添都知事の会場見直し発言。バスケットボールとバドミントンを行う予定だった「夢の島ユース・プラザ」(総工費364億円)の建設中止を検討し、さいたまスーパーアリーナなどに移す案を明らかにした。葛西臨海公園のカヌー・スラローム会場も計画見直しの方向だ。

 いったんタガが外れてしまうと、後は何でもアリ。岩手県花巻市がクレー射撃、宮城県もマラソン誘致に立候補。いくら震災復興とはいえ、こうなると、コンパクト五輪どころか“東京”五輪の冠自体も怪しくなる。

 五輪招致委員会は、今回の総工費を3831億円と試算。そのために4000億円の準備金を用意していることを自慢していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る