利権漁り東京五輪 二転三転しそうなゴルフ会場のドタバタ

公開日:  更新日:

 選手村から半径8キロ以内のコンパクト五輪を実現する――。

 IOC(国際オリンピック委員会)に大見えを切ったはずの根底が大きく揺らいでいる。発端は、舛添都知事の会場見直し発言。バスケットボールとバドミントンを行う予定だった「夢の島ユース・プラザ」(総工費364億円)の建設中止を検討し、さいたまスーパーアリーナなどに移す案を明らかにした。葛西臨海公園のカヌー・スラローム会場も計画見直しの方向だ。

 いったんタガが外れてしまうと、後は何でもアリ。岩手県花巻市がクレー射撃、宮城県もマラソン誘致に立候補。いくら震災復興とはいえ、こうなると、コンパクト五輪どころか“東京”五輪の冠自体も怪しくなる。

 五輪招致委員会は、今回の総工費を3831億円と試算。そのために4000億円の準備金を用意していることを自慢していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る