国民生活センターに聞いた“東京五輪詐欺”ダマしの巧妙手口

公開日: 更新日:

 6年後の東京五輪開催を巡って、架空の投資話をデッチ上げ、カネをだまし取る“東京五輪詐欺”が多発している。国民生活センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた相談は、五輪開催が決まった昨年9月から12月までは63件。今年1~5月は127件に急増。もちろん、これは氷山の一角だ。

「東京オリンピックの国際競技場の建設を請け負う会社が、社債を発行します。幸運にも、抽選で社債購入の権利が当たりましたので、ご購入されませんか?」

 秋田県の80代男性は、「証券会社」を名乗る電話で聞き覚えのある建設会社の社債購入を勧められた。財閥系の名前だった。迷っていると、次のようなことを畳み掛けられた。

「社債購入には期限があり、個人でしか買えません。早くしないとチャンスを逃してしまいます。ですから、まずあなたの名義で弊社が代金1000万円を建て替えて、社債を購入します。それを買い戻していただくというのはいかがですか? 指定日までに代金が確認できましたら、社債の証券をお送りします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  5. 5

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  6. 6

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  7. 7

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  8. 8

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  9. 9

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  10. 10

    西村大臣ブレブレ…コロナ感染「徹底対策」の空虚な説得力

もっと見る