• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国民生活センターに聞いた“東京五輪詐欺”ダマしの巧妙手口

 6年後の東京五輪開催を巡って、架空の投資話をデッチ上げ、カネをだまし取る“東京五輪詐欺”が多発している。国民生活センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた相談は、五輪開催が決まった昨年9月から12月までは63件。今年1~5月は127件に急増。もちろん、これは氷山の一角だ。

「東京オリンピックの国際競技場の建設を請け負う会社が、社債を発行します。幸運にも、抽選で社債購入の権利が当たりましたので、ご購入されませんか?」

 秋田県の80代男性は、「証券会社」を名乗る電話で聞き覚えのある建設会社の社債購入を勧められた。財閥系の名前だった。迷っていると、次のようなことを畳み掛けられた。

「社債購入には期限があり、個人でしか買えません。早くしないとチャンスを逃してしまいます。ですから、まずあなたの名義で弊社が代金1000万円を建て替えて、社債を購入します。それを買い戻していただくというのはいかがですか? 指定日までに代金が確認できましたら、社債の証券をお送りします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る