国民生活センターに聞いた“東京五輪詐欺”ダマしの巧妙手口

公開日:  更新日:

 6年後の東京五輪開催を巡って、架空の投資話をデッチ上げ、カネをだまし取る“東京五輪詐欺”が多発している。国民生活センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた相談は、五輪開催が決まった昨年9月から12月までは63件。今年1~5月は127件に急増。もちろん、これは氷山の一角だ。

「東京オリンピックの国際競技場の建設を請け負う会社が、社債を発行します。幸運にも、抽選で社債購入の権利が当たりましたので、ご購入されませんか?」

 秋田県の80代男性は、「証券会社」を名乗る電話で聞き覚えのある建設会社の社債購入を勧められた。財閥系の名前だった。迷っていると、次のようなことを畳み掛けられた。

「社債購入には期限があり、個人でしか買えません。早くしないとチャンスを逃してしまいます。ですから、まずあなたの名義で弊社が代金1000万円を建て替えて、社債を購入します。それを買い戻していただくというのはいかがですか? 指定日までに代金が確認できましたら、社債の証券をお送りします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る