国民生活センターに聞いた“東京五輪詐欺”ダマしの巧妙手口

公開日:  更新日:

 6年後の東京五輪開催を巡って、架空の投資話をデッチ上げ、カネをだまし取る“東京五輪詐欺”が多発している。国民生活センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた相談は、五輪開催が決まった昨年9月から12月までは63件。今年1~5月は127件に急増。もちろん、これは氷山の一角だ。

「東京オリンピックの国際競技場の建設を請け負う会社が、社債を発行します。幸運にも、抽選で社債購入の権利が当たりましたので、ご購入されませんか?」

 秋田県の80代男性は、「証券会社」を名乗る電話で聞き覚えのある建設会社の社債購入を勧められた。財閥系の名前だった。迷っていると、次のようなことを畳み掛けられた。

「社債購入には期限があり、個人でしか買えません。早くしないとチャンスを逃してしまいます。ですから、まずあなたの名義で弊社が代金1000万円を建て替えて、社債を購入します。それを買い戻していただくというのはいかがですか? 指定日までに代金が確認できましたら、社債の証券をお送りします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る