• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

<第2回>木村社長に後継を決める資格はない

「社長が今すぐ辞めない限り信頼回復はない」

 10月6日、東京・築地の朝日新聞東京本社では、怒りの声が上がった。この日、一連の不祥事について社員から批判や意見を吸い上げ、社内に新設された「信頼回復と再生のための委員会」での議論に反映させるために、社員集会が開かれた。

 役員や幹部が出席し、社員の質問に答える形を取ったのだが、木村伊量社長が出席しなかったため、社員の怒りの炎に油を注ぐ形となった。結局、10月10日に再度の集会が開かれ、木村社長は引きずり出された。

 木村社長は冒頭、「杉浦取締役(前編集担当)と一緒にきっぱりと辞任すれば潔いのでしょうが、後継社長も決めなければ朝日新聞は一段と混乱するだろう……」などと切り出した。社員からは「木村社長に後継者を決める資格はない」と反論された。まるで過激な労使紛争でのやりとりのようだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る