井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

<第2回>木村社長に後継を決める資格はない

公開日: 更新日:

「社長が今すぐ辞めない限り信頼回復はない」

 10月6日、東京・築地の朝日新聞東京本社では、怒りの声が上がった。この日、一連の不祥事について社員から批判や意見を吸い上げ、社内に新設された「信頼回復と再生のための委員会」での議論に反映させるために、社員集会が開かれた。

 役員や幹部が出席し、社員の質問に答える形を取ったのだが、木村伊量社長が出席しなかったため、社員の怒りの炎に油を注ぐ形となった。結局、10月10日に再度の集会が開かれ、木村社長は引きずり出された。

 木村社長は冒頭、「杉浦取締役(前編集担当)と一緒にきっぱりと辞任すれば潔いのでしょうが、後継社長も決めなければ朝日新聞は一段と混乱するだろう……」などと切り出した。社員からは「木村社長に後継者を決める資格はない」と反論された。まるで過激な労使紛争でのやりとりのようだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る