井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

<第1回>ヒラメ同士が話し合って危機を脱することができるのか

公開日: 更新日:

 一連の誤報、記事取り消し、陳謝で揺れる朝日新聞からはどんどん、読者が離れている。おそらく、権力側はそれをニンマリとして見つめているのだろう。このままでは、本当に言論の危機なのだが、果たして、朝日社内にそうした緊迫感があるのかどうか。内部情報を聞いていると、いまなお、笑っちゃうような光景が繰り広げられている。朝日の危機は深刻だ。

「俺の靴をなめたら次の日銀キャップに推薦してやる」

 朝日新聞の現取締役が日銀キャップ時代に後輩記者に放った言葉だ。

 朝日新聞経済部では、日銀キャップか財研(財務省)キャップをやれば、いずれ東京本社経済部長に就く可能性が高まり、経済部長になれば、そのうち2、3人に1人程度の割合で必ず役員になる。だから上昇志向の強い記者ほど日銀や財研キャップにあこがれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  10. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る