辺真一氏が語る「酒の失敗」 真冬に酔って倒れ凍死寸前に…

公開日:  更新日:

 韓国、北朝鮮問題情報誌「コリア・レポート」の編集長で、コメンテーターとしても活躍する辺真一氏。新聞記者時代は取材のため東欧諸国を回り、フリージャーナリストになってからは日本各地はもちろん、韓国や中国へも講演のため飛び回る日々だ。訪問先で珍しい酒を見つけるのも楽しみのひとつ――。

 僕は真面目だったから、酒を飲んだのは大学生になってからでした。新入生の歓迎コンパ? そんなのありませんよ。当時は、学生紛争が真っ盛りでしたからね。

 ESSクラブに入り、品川駅の近くにあった居酒屋がクラブのたまり場で、そこで初めてビールを飲みました。実はお酒が怖かったんだよね。飲むと愚連隊になるとか、まともな人間にはなれないというネガティブな観念にとらわれていたんです。しかも、入学当初は仕送りしてもらっていたからね。青森県八戸市の寒い山奥で、汗水たらして働いている両親からの仕送りを、酒とたばこに費やすなんてとてもできなかった。だから、アルバイトをして学費も自分で払うようになってから酒を飲みました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る