辺真一氏が語る「酒の失敗」 真冬に酔って倒れ凍死寸前に…

公開日:  更新日:

 韓国、北朝鮮問題情報誌「コリア・レポート」の編集長で、コメンテーターとしても活躍する辺真一氏。新聞記者時代は取材のため東欧諸国を回り、フリージャーナリストになってからは日本各地はもちろん、韓国や中国へも講演のため飛び回る日々だ。訪問先で珍しい酒を見つけるのも楽しみのひとつ――。

 僕は真面目だったから、酒を飲んだのは大学生になってからでした。新入生の歓迎コンパ? そんなのありませんよ。当時は、学生紛争が真っ盛りでしたからね。

 ESSクラブに入り、品川駅の近くにあった居酒屋がクラブのたまり場で、そこで初めてビールを飲みました。実はお酒が怖かったんだよね。飲むと愚連隊になるとか、まともな人間にはなれないというネガティブな観念にとらわれていたんです。しかも、入学当初は仕送りしてもらっていたからね。青森県八戸市の寒い山奥で、汗水たらして働いている両親からの仕送りを、酒とたばこに費やすなんてとてもできなかった。だから、アルバイトをして学費も自分で払うようになってから酒を飲みました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る