• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コークハイで…草野仁を猛ダッシュさせた鶴岡一人の“歓迎会”

 本職のおしゃべりはもちろん、スポーツ万能で、肉体だってプロレスラー顔負けの草野仁さん(70)。さぞかし、豪快な逸話が飛び出すかと思ったら……。

 実は私、メチャクチャお酒に弱いんです。そこそこのお付き合いはできますが、ビール2、3杯を超えると、もういけません。

 ウチは兄2人も姉も飲めるタイプなので、高校生の頃には「お酒って楽しそうだなぁ。早く飲みたいなぁ」と満を持していたんです。ところが、大学で東京に出てきてすぐ「あれ、おかしいぞ」ということがありました。

 どういうわけだか、お酒の大好きな女性2人と知り合い、3人で浅草の「蹴飛ばし」(馬肉)を食べに行った時のこと。みんなでビールを飲んでいたんですが、見ていると目の前の女性は僕の3倍以上のスピードで飲んでいるんです。私がようやく1本飲んだ頃、彼女たちは5本ぐらい飲んでいた。その後、「もう一軒寄ってく?」ということになり、コークハイも1杯頂きました。それで私は下宿に帰ってきたのですが、気がつくと世界がグルグル回っている。「あ、酔ってるんだな」と気づき、この程度で「酔う」ってことは、私はメチャクチャ弱いタイプなんだなと自覚したんです。それでも学生時代はそんなに不都合なことはありませんでした。飲む場所に近づかなければいいんだから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る