安倍首相と橋下大阪市長 共通項は“幼児性むき出し”の逆切れ

公開日:  更新日:

 大阪市長の橋下徹と首相、安倍晋三。立場は異なるが、この2人には共通項がある。その独裁的政治手法である。政治評論家の三宅久之は生前、安倍にこう言ったとされる。

「橋下のパフォーマンス能力は素晴らしい。安倍さんも参考にしたらいい」

 安倍がそれを本気にしたかどうかはともかくとして、2人の言動はダブることが多い。

 昨年12月の衆院選。自民党の議席は微減にとどまり、300議席超えを逃した安倍は当日の選挙特番でキレた。都合の悪い質問にはイヤホンを外し、自説を披露、その大人げない対応が失笑を買った。その数時間前、大阪でも似たような会見があったのである。

 橋下大阪市長は大阪都構想の是非を問うために、昨年3月に出直し市長選に打って出た。その投票率は過去最低となり、「意味がなかった」と批判された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る