神戸山口組「定例会」 分散開催で“首都圏抗争”拡大の恐れ

公開日:  更新日:

 6代目山口組VS神戸山口組の対立は激化するばかりだ。17日は水戸市と堺市にある6代目系の事務所で小競り合いがあり、19日は神戸市の神戸山口組系事務所にダンプカーが突っ込んだ。両派が拳銃を買い求めているとも報じられている。まさに一触即発の状況だ。

■15日は見送られたが…

 いま注目されているのが東京に拠点を持つ神戸側の3月の定例会だ。1月と2月は、それぞれ15日に東京・歌舞伎町で開催。2月15日は6代目側と乱闘騒ぎになった。3月の定例会も15日とみられていたが、その日の開催は見送られた。だが、神戸側はなにがなんでも今月も開催するつもりだという。ここで中止したらヤクザの名折れ。そこで浮上しているのが「分散開催」説だ。

 ジャーナリストの鹿島一男氏が言う。

「2月の定例会では神戸側組員50人が出席して騒ぎになったため、警察の締め付けが激化した。そこで神戸側が東京を意図的にはずし、千葉、埼玉、神奈川など複数の場所で開催するという情報が流れています。十数人ずつなら各地の3次団体の事務所に収容できるし、警視庁をヘタに刺激せずにすむ。日時は未定のようですが、今月31日までに同じ日の同じ時刻に一斉開催すると思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る