• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神戸山口組「定例会」 分散開催で“首都圏抗争”拡大の恐れ

 6代目山口組VS神戸山口組の対立は激化するばかりだ。17日は水戸市と堺市にある6代目系の事務所で小競り合いがあり、19日は神戸市の神戸山口組系事務所にダンプカーが突っ込んだ。両派が拳銃を買い求めているとも報じられている。まさに一触即発の状況だ。

■15日は見送られたが…

 いま注目されているのが東京に拠点を持つ神戸側の3月の定例会だ。1月と2月は、それぞれ15日に東京・歌舞伎町で開催。2月15日は6代目側と乱闘騒ぎになった。3月の定例会も15日とみられていたが、その日の開催は見送られた。だが、神戸側はなにがなんでも今月も開催するつもりだという。ここで中止したらヤクザの名折れ。そこで浮上しているのが「分散開催」説だ。

 ジャーナリストの鹿島一男氏が言う。

「2月の定例会では神戸側組員50人が出席して騒ぎになったため、警察の締め付けが激化した。そこで神戸側が東京を意図的にはずし、千葉、埼玉、神奈川など複数の場所で開催するという情報が流れています。十数人ずつなら各地の3次団体の事務所に収容できるし、警視庁をヘタに刺激せずにすむ。日時は未定のようですが、今月31日までに同じ日の同じ時刻に一斉開催すると思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る