神戸山口組「定例会」 分散開催で“首都圏抗争”拡大の恐れ

公開日: 更新日:

 6代目山口組VS神戸山口組の対立は激化するばかりだ。17日は水戸市と堺市にある6代目系の事務所で小競り合いがあり、19日は神戸市の神戸山口組系事務所にダンプカーが突っ込んだ。両派が拳銃を買い求めているとも報じられている。まさに一触即発の状況だ。

■15日は見送られたが…

 いま注目されているのが東京に拠点を持つ神戸側の3月の定例会だ。1月と2月は、それぞれ15日に東京・歌舞伎町で開催。2月15日は6代目側と乱闘騒ぎになった。3月の定例会も15日とみられていたが、その日の開催は見送られた。だが、神戸側はなにがなんでも今月も開催するつもりだという。ここで中止したらヤクザの名折れ。そこで浮上しているのが「分散開催」説だ。

 ジャーナリストの鹿島一男氏が言う。

「2月の定例会では神戸側組員50人が出席して騒ぎになったため、警察の締め付けが激化した。そこで神戸側が東京を意図的にはずし、千葉、埼玉、神奈川など複数の場所で開催するという情報が流れています。十数人ずつなら各地の3次団体の事務所に収容できるし、警視庁をヘタに刺激せずにすむ。日時は未定のようですが、今月31日までに同じ日の同じ時刻に一斉開催すると思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る