• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神戸山口組「定例会」 分散開催で“首都圏抗争”拡大の恐れ

 6代目山口組VS神戸山口組の対立は激化するばかりだ。17日は水戸市と堺市にある6代目系の事務所で小競り合いがあり、19日は神戸市の神戸山口組系事務所にダンプカーが突っ込んだ。両派が拳銃を買い求めているとも報じられている。まさに一触即発の状況だ。

■15日は見送られたが…

 いま注目されているのが東京に拠点を持つ神戸側の3月の定例会だ。1月と2月は、それぞれ15日に東京・歌舞伎町で開催。2月15日は6代目側と乱闘騒ぎになった。3月の定例会も15日とみられていたが、その日の開催は見送られた。だが、神戸側はなにがなんでも今月も開催するつもりだという。ここで中止したらヤクザの名折れ。そこで浮上しているのが「分散開催」説だ。

 ジャーナリストの鹿島一男氏が言う。

「2月の定例会では神戸側組員50人が出席して騒ぎになったため、警察の締め付けが激化した。そこで神戸側が東京を意図的にはずし、千葉、埼玉、神奈川など複数の場所で開催するという情報が流れています。十数人ずつなら各地の3次団体の事務所に収容できるし、警視庁をヘタに刺激せずにすむ。日時は未定のようですが、今月31日までに同じ日の同じ時刻に一斉開催すると思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る