• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山口組抗争激化で衝撃情報…動き始めた6代目の“極秘部隊”

 全国各地で「6代目山口組VS神戸山口組」の“抗争”が激化している。両者の手口は徐々にエスカレートしていて、暴走は止まらない状態だ。このままいけば“死人”が出るのは時間の問題。水面下では、両組のトップを狙った“暗殺部隊”が動きだした――との衝撃情報も流れ始めた。

 緊迫感が一気に増したのは今月5日。両組織の“拠点”兵庫県神戸市で起きた襲撃事件だ。神戸山口組の幹部が乗った車が進路を塞がれ、降りてきた男たちに窓ガラスを割られた。けが人こそ出なかったものの、ついに起こった“神戸開戦”。地元の兵庫県警も取り締まりを強化するなど、警察サイドも超厳戒態勢に入っている。

 9日の時点で、両組織が絡んだ事件は20都道府県で49件。事件化されていない小競り合いや睨み合いを含めると、発生した“抗争”は相当数に上る。いつ、どこで、誰が死んでもおかしくない状況だ。暴力団事情に詳しいジャーナリストの鈴木智彦氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る