山口組抗争激化で衝撃情報…動き始めた6代目の“極秘部隊”

公開日: 更新日:

 全国各地で「6代目山口組VS神戸山口組」の“抗争”が激化している。両者の手口は徐々にエスカレートしていて、暴走は止まらない状態だ。このままいけば“死人”が出るのは時間の問題。水面下では、両組のトップを狙った“暗殺部隊”が動きだした――との衝撃情報も流れ始めた。

 緊迫感が一気に増したのは今月5日。両組織の“拠点”兵庫県神戸市で起きた襲撃事件だ。神戸山口組の幹部が乗った車が進路を塞がれ、降りてきた男たちに窓ガラスを割られた。けが人こそ出なかったものの、ついに起こった“神戸開戦”。地元の兵庫県警も取り締まりを強化するなど、警察サイドも超厳戒態勢に入っている。

 9日の時点で、両組織が絡んだ事件は20都道府県で49件。事件化されていない小競り合いや睨み合いを含めると、発生した“抗争”は相当数に上る。いつ、どこで、誰が死んでもおかしくない状況だ。暴力団事情に詳しいジャーナリストの鈴木智彦氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る