狙いは資金源 山口組抗争の背後に1000億円“地下経済戦争”

公開日: 更新日:

「神戸山口組側が刺した(密告した)んじゃないか、なんて噂も流れています」(捜査事情通)

 横浜市の裏カジノ店が7日までに摘発され、店の実質的経営者(49)ら男女計16人が警視庁に逮捕された。

「店は摘発逃れで東京都港区、横浜市を転々としていましたが、神戸側と小競り合いを続けている6代目山口組の友好団体が背後にいるのでは、ともみられています。売り上げは3カ月間で約4億5000万円。“密告”から逮捕につながったそうですが、いずれにせよ大きな資金源を失ったことになる」(前出の捜査事情通)

 6代目山口組VS神戸の分裂抗争はヒートアップする一方で、5日には神戸市の路上で、神戸系の幹部の車が6代目系の組員5人に襲撃され、6日には水戸市で、神戸系の事務所に銃弾5発が撃ち込まれている。


 警察庁も7日、やっと両者が対立抗争状態にあると認定し、集中取締本部を設置した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る