• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山口組抗争激化の裏で「ヤクザが拳銃を買い漁っている」

「ヤクザが拳銃を買い漁っている」――。6代目山口組VS神戸山口組の抗争をめぐってこんな声が上がっている。全国で50件以上の小競り合いが起き、新宿・歌舞伎町の乱闘事件では5人が逮捕された。そうしたことから両組織が拳銃での武装を急いでいるというのだ。

■山一抗争よりも危険化した

 昨年8月ごろから「ギョクつき」、つまり実弾付きで拳銃を求めるヤクザが増え、1丁20万~30万円が100万円まで高騰。最近では実弾の希少価値が高まり、1発1万円になったという。

 銃器犯罪評論家の津田哲也氏がこう言う。

「拳銃の値段は抗争時か平時かで違います。山一抗争が起きた1980年代はマグナム銃の本体が1丁100万円以上で実弾は1万円でした。当時は飛行機で密輸していたため数が少なく、実弾が高かったのです。それが船便で大量に運ぶようになったため、90年代以降は銃本体に実弾50~60発をつけて売るようになった。その値段が分裂騒動によってまた100万円以上に高騰しています。ボディーガードが持つ小型のS&Wチーフスペシャルなどは50万円だったのが今は90万~100万円。イスラエル製の短機関銃ウージーは実弾数百発付きで90万円でしたが、今は2倍出しても買う人がいるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る