山口組抗争激化の裏で「ヤクザが拳銃を買い漁っている」

公開日:  更新日:

「ヤクザが拳銃を買い漁っている」――。6代目山口組VS神戸山口組の抗争をめぐってこんな声が上がっている。全国で50件以上の小競り合いが起き、新宿・歌舞伎町の乱闘事件では5人が逮捕された。そうしたことから両組織が拳銃での武装を急いでいるというのだ。

■山一抗争よりも危険化した

 昨年8月ごろから「ギョクつき」、つまり実弾付きで拳銃を求めるヤクザが増え、1丁20万~30万円が100万円まで高騰。最近では実弾の希少価値が高まり、1発1万円になったという。

 銃器犯罪評論家の津田哲也氏がこう言う。

「拳銃の値段は抗争時か平時かで違います。山一抗争が起きた1980年代はマグナム銃の本体が1丁100万円以上で実弾は1万円でした。当時は飛行機で密輸していたため数が少なく、実弾が高かったのです。それが船便で大量に運ぶようになったため、90年代以降は銃本体に実弾50~60発をつけて売るようになった。その値段が分裂騒動によってまた100万円以上に高騰しています。ボディーガードが持つ小型のS&Wチーフスペシャルなどは50万円だったのが今は90万~100万円。イスラエル製の短機関銃ウージーは実弾数百発付きで90万円でしたが、今は2倍出しても買う人がいるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る