政府公表資料はウソ 安倍官邸が隠した米教授“本当の提言”

公開日: 更新日:

 22日に第3回が開かれた「国際金融経済分析会合」。米ニューヨーク市立大・クルーグマン教授も来年4月の消費増税反対を提言したが、増税延期の風向きが強くなったのは、先週16日に行われた第1回の米コロンビア大・スティグリッツ教授の提言がきっかけだった。

 だが、ちょっと待って欲しい。会合から2日後の18日に政府が公表したスティグリッツ教授提出の資料を見ると、消費増税についての記述はどこにもない。むしろ教授が提言したのは、TPPの欺瞞や量的緩和政策の失敗、格差の是正、つまりアベノミクスの全否定だった。

 提言のレジュメとみられる資料は48ページにわたり、例えばTPPについて次のように手厳しい。

〈米国にとってTPPの効果はほぼゼロと推計される〉〈TPPは悪い貿易協定であるというコンセンサスが広がりつつあり、米国議会で批准されないであろう〉〈特に投資条項が好ましくない――新しい差別をもたらし、より強い成長や環境保護等のための経済規制手段を制限する〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  7. 7

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  8. 8

    長澤まさみ20周年に相次ぐ試練…共演者の死と元カレ逮捕

  9. 9

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る