• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

もろさ露呈 東京大停電で高まった「送電線テロ」のリスク

 12日午後3時半ごろに都内で起きた大規模停電で、都心は一時パニックになった。原因は、埼玉県新座市にある東京電力関連施設の火災。地中に埋まっている送電線から出火したという。「人為的ではない」「テロを類推させるものはない」というが、日本の心臓部の“もろさ”を改めて露呈した格好だ。

「送電線は血管みたいなもので、各地の発電所、変電所から“大動脈”を伝って都心部に向かい、“毛細血管”に広がって各家庭に電気が届く。今回は新座変電所から東京の練馬、豊島両変電所に続く6本の“太い血管”のうち1本が破れ、そのあおりで残り5本も使えなくなり、“心停止”してしまったというわけです」(東電関係者)

 新座の“動脈破裂”のせいで、午後3時39分には豊島区の約10万9500軒をはじめ、最大58万軒で送電がストップ。東京消防庁によると、都内ではエレベーターの中に閉じ込められたり、火災報知機が誤作動したという通報が相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事