「極端な監視社会。基本的なメディアリテラシーは必須」

公開日: 更新日:

 米国大統領にトランプが選出されたり、日本の芸能界では“ゲス不倫”などスキャンダル旋風が吹き荒れた今年。国内外で起きた数々の事象をどうとらえたらいいのか。フジテレビ系「バイキング」に出演するなど、今やすっかり国際派“ご意見番”が定着したフィフィ(40)に聞いてみた。

■ネットに書いてあることが全部正しいわけではない

 アメリカの大統領選では、メディアの予測が見事に外れましたね。報道する側に「トランプになったら、トンデモナイ」という感情や意図がまじっていたから、クリントン優位の報道が続いたのでしょう。アメリカをよく知っている人なら、ああはならなかった。純粋にまっさらな気持ちで報じていたら、結果は違っていたかもしれません。

 シリアなど中東をめぐる報道にも疑問があります。日本とアラブとの関わりは大変重要にもかかわらず、以前に比べてニュースが増えたわけではない。もっと関心を持たないと。私はエジプト出身なので、よく「そろそろ落ち着いたので、行っても大丈夫ですよね」と聞かれますが、実はまだまだ混乱は続いています。新政権といっても、クーデターでできたもの。いつ何時、テロが起きてもおかしくない状態です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る