トランプ大統領的中 みずほ総研「とんでも予想」2017年は

公開日: 更新日:

 昨年「トランプ米大統領誕生」を大当たりさせたみずほ総合研究所の「とんでも予想」。14日、2017年版が発表された。今回はこんな予想だ。

アベノミクスがトランプノミクスを採用し、大型減税を断行。カジノ法案成立を受け、インバウンド観光の目玉策として、超豪華5つ星「トランプ・ホテル」を誘致

②トランプノミクスへの過剰な期待から米国で資産バブル発生。ダウ平均株価は2万3000ドル台に上昇

③経済的利益から米国が中国に接近。日米両国がAIIBに加わり、米国で中国製新幹線が導入される

 予想は全10項目で、他には、「政府が100年国債発行、日銀が購入主体となるヘリコプターマネー政策に」「独総選挙で右派が勝利しメルケル首相退陣」「英国がブレグジット撤回」「10年周期の経済・金融危機ジンクスが現実に」など刺激的な予想が並ぶ。

 さて、今回も的中はあるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る