トランプ大統領的中 みずほ総研「とんでも予想」2017年は

公開日: 更新日:

 昨年「トランプ米大統領誕生」を大当たりさせたみずほ総合研究所の「とんでも予想」。14日、2017年版が発表された。今回はこんな予想だ。

アベノミクスがトランプノミクスを採用し、大型減税を断行。カジノ法案成立を受け、インバウンド観光の目玉策として、超豪華5つ星「トランプ・ホテル」を誘致

②トランプノミクスへの過剰な期待から米国で資産バブル発生。ダウ平均株価は2万3000ドル台に上昇

③経済的利益から米国が中国に接近。日米両国がAIIBに加わり、米国で中国製新幹線が導入される

 予想は全10項目で、他には、「政府が100年国債発行、日銀が購入主体となるヘリコプターマネー政策に」「独総選挙で右派が勝利しメルケル首相退陣」「英国がブレグジット撤回」「10年周期の経済・金融危機ジンクスが現実に」など刺激的な予想が並ぶ。

 さて、今回も的中はあるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る