日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ長女と“お茶する権利” 競売で860万円の値も幻に

 トランプの娘イバンカ(35)と「お茶をする権利」が慈善オークションに出品され、16日未明(日本時間同日午後)、なんと7万2888ドル(約860万円)の値がついた。

 出品されたのは、来年中にニューヨークのトランプタワーかワシントンのトランプ・インターナショナルホテルでイバンカと30分から45分間、コーヒーを飲みながら話す権利。

 収益金はイバンカの弟、エリックが運営する子ども病院基金に使われる予定だった。ところが16日午後(同17日未明)になって、この“出品”がサイトから削除されたため「イバンカとのお茶」は夢に終わってしまった。理由は説明されていないが、このオークションはトランプへの間接的な利益提供になる恐れがあるとの指摘が出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事