• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ長女と“お茶する権利” 競売で860万円の値も幻に

 トランプの娘イバンカ(35)と「お茶をする権利」が慈善オークションに出品され、16日未明(日本時間同日午後)、なんと7万2888ドル(約860万円)の値がついた。

 出品されたのは、来年中にニューヨークのトランプタワーかワシントンのトランプ・インターナショナルホテルでイバンカと30分から45分間、コーヒーを飲みながら話す権利。

 収益金はイバンカの弟、エリックが運営する子ども病院基金に使われる予定だった。ところが16日午後(同17日未明)になって、この“出品”がサイトから削除されたため「イバンカとのお茶」は夢に終わってしまった。理由は説明されていないが、このオークションはトランプへの間接的な利益提供になる恐れがあるとの指摘が出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る