トランプ長女と“お茶する権利” 競売で860万円の値も幻に

公開日:

 トランプの娘イバンカ(35)と「お茶をする権利」が慈善オークションに出品され、16日未明(日本時間同日午後)、なんと7万2888ドル(約860万円)の値がついた。

 出品されたのは、来年中にニューヨークのトランプタワーかワシントンのトランプ・インターナショナルホテルでイバンカと30分から45分間、コーヒーを飲みながら話す権利。

 収益金はイバンカの弟、エリックが運営する子ども病院基金に使われる予定だった。ところが16日午後(同17日未明)になって、この“出品”がサイトから削除されたため「イバンカとのお茶」は夢に終わってしまった。理由は説明されていないが、このオークションはトランプへの間接的な利益提供になる恐れがあるとの指摘が出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る