• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

浮かれる安倍首相 被爆国の使命放棄しトランプに媚売る愚

「唯一の戦争被爆国」としての役割を放棄したウラには、安倍首相の「忖度」があったようだ。史上初の「核兵器禁止条約」制定をめぐる国連交渉に、日本政府は不参加を表明した。その経緯を被爆地・広島の地方紙「中国新聞」が2日付で詳報していた。

 記事によると、参加に意欲的だった被爆地・広島選出の岸田外相に「待った」をかけたのは、安倍首相だ。背景には核戦力の増強に積極姿勢のトランプ米政権への配慮がにじむ。

 北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射した翌3月7日。トランプ大統領との電話会談にこぎ着けた首相はこう強調したそうだ。

「ミサイル発射から間を置かずに話ができた。日本が常に共にある証左だ」

■寵愛に浮かれる首相

 大統領の「寵愛」を受け、はしゃぐ様子が目に浮かぶ。官邸はこの時までに交渉参加への慎重論を外務省に伝えたとされる。核兵器の惨禍を知る国としての使命をなげうってでも、安倍首相はトランプの“お気に入り”の座を失いたくないのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事