米が北に潜水艦部隊派遣へ ビンラディン殺害の特殊部隊か

公開日:

 トランプがいよいよ金正恩の斬首作戦に着手!?――米国のトランプ大統領が12日に放送されたFOXテレビのインタビューで「我々には潜水艦もある。空母より強力だ」と語り、朝鮮半島に向けて航行中の原子力空母カール・ビンソンに加えて、北朝鮮近海に潜水艦部隊を派遣する用意があることを明らかにした。

 潜水艦部隊は、敵の地上部隊への攻撃のほか、国際テロ組織アルカイダの首領ウサマ・ビンラディンをパキスタンで急襲し殺害したSEALSなど、米海軍の特殊部隊を敵地に潜入させる能力を持つ。今月9日には米海軍の特殊部隊支援船C・チャンピオンが沖縄の那覇軍港に入港し、翌10日に出港しているだけに不気味だ。

 トランプは潜水艦部隊を朝鮮半島近海に展開することで、北朝鮮への軍事的圧力を強めるとともに、いざとなった場合にSEALSを平壌に送り込み、金正恩を暗殺するオプションも手にすることになる。

 金正恩はウサマ・ビンラディンと同じ運命をたどることになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る