日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シリア攻撃は北朝鮮への警告…米国務長官がTV番組で示唆

 トランプ政権は本気で北朝鮮を先制攻撃するつもりなのか。

 ティラーソン米国務長官が9日放送のABCテレビの番組でインタビューに答えた。

 シリアへのミサイル攻撃で北朝鮮はどのようなメッセージを受け取るべきかと問われると、「どのような国であっても、国際規律や合意に違反し、他国への脅威となるなら、対抗措置が取られるだろうということだ」と答えた。シリア空爆は北朝鮮への警告の意味が込められていたことを強調した形だ。

 CBSテレビとのインタビューでは米中首脳会談で北朝鮮情勢を協議したことを明らかにし、「緊張が高まっており、何らかの対応をせざるを得ない状況だと(中国の習近平国家主席は)明確に理解したはずだ」と話した。

 安全保障担当のマクマスター大統領補佐官は、FOXテレビのインタビューに登場。原子力空母カール・ビンソンを中心とする艦隊を西太平洋に向かわせたことについて、北朝鮮を牽制する目的があると明かし、「大統領は脅威を除去するため、あらゆる選択肢を示すよう指示している」と強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事