【中央区】1議席巡り 築地移転派と残留派が乱立のカオス

公開日: 更新日:

 一方、若手候補を迎え撃つベテラン立石。現職だけあって4日の事務所開きは300人を超す支援者が集まった。豊洲移転を目指す自民党都連の方針には反対の立場を鮮明にしているが、本人は「1981年の初当選以来、私はずっと自民党と中央区の発展に尽力してきました。今も考え方はあくまで自民党です」と強調。そして「政治家は若ければいいてもんじゃない。年齢差別はいけません」とこぼす。

 組織固めを進めてきた石島は自民党区議の協力をあおぎながら、街頭演説を始めた。“豊洲移転”の主張を積極的にはしていないが、区民の支持が広がるか。土壇場で保守分裂を回避できるかが当落のカギを握りそうだ。 (次回は青梅市)

○当選圏内
△優勢
△+拮抗でやや優勢
△-拮抗でやや劣勢
▲劣勢
予想はジャーナリストの鈴木哲夫氏

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る