米紙報道 ロシアゲート捜査当局がトランプ本人の聴取検討

公開日: 更新日:

 ロシアゲート捜査がいよいよトランプ大統領本人に迫ってきた。

 ワシントン・ポストなど複数の米メディアは8日、米大統領選介入などロシアが絡む一連の疑惑を捜査するモラー特別検察官が、トランプ大統領の直接聴取を検討していると報じた。

 昨年12月に、トランプの弁護団に対し、本人聴取の意向を伝えているという。

 トランプに近い人物が「聴取は限定的な質問について数週間以内に行われる可能性がある」としたうえで、「大統領は陣営とロシアとの共謀の疑いに終止符を打つため聴取に前向きだ」と話したとしている。ただ、弁護団は聴取に消極的で、書面による供述も検討されている。

 ロシアゲートでは、すでにフリン前大統領補佐官ら4人が起訴されているが、トランプの長男ジュニア氏や娘婿のクシュナー大統領上級顧問も起訴されかねない状況。そんな中で、5日、元最側近のバノン前首席戦略官・上級顧問が、ロシア人弁護士らと面会していたジュニア氏らを「反逆罪に値する」と批判した「政権内幕本」が発売され、トランプは「バノンは正気を失った」と罵倒、苛立ちを強めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る