ヤマトHDは強気が奏功 次の“強行値上げ”はどの業界だ?

公開日:

「ヤマトホールディングス」(東京都中央区)が宅配便の値上げを決着させた。昨年10月に個人向け料金を27年ぶりに値上げしたが、法人向けも1月から引き上げた。

 ネット通販大手の「アマゾン」は値上げ要請を受け入れたが、大口の法人顧客約1100社との交渉の結果、ナント約4割がヤマトとの契約を打ち切り他社に乗り換えた。それでも、同月30日に会見した芝崎健一専務は「値上げ交渉でもう少し他社に流出することも覚悟していた」と語った。4割も客が逃げたのに、“スッキリ感”満載である。

「近年、ネット通販など宅配便需要が急増する一方、人手不足に拍車がかかった。ヤマトの宅配便事業は、仕事を受ければ受けるだけ赤字が拡大する状況でした。値上げ交渉では顧客の顔色をうかがうことなく、強気の交渉を徹底していました。採算の取れない顧客が大幅に切れて、一段落というところでしょうか。ただ、まだ余裕があるわけではない。再値上げの可能性もあります」(物流業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る