高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

拉致被害者が帰ってくるかのような幻想を振りまく罪深さ

公開日: 更新日:
拉致被害者集会(C)日刊ゲンダイ

 安倍晋三首相が22日、北朝鮮による拉致被害者の家族の方々と面会した際に、先の日米首脳会談で「トランプ米大統領は『拉致被害者の早期帰国のために可能な限りすべてのことをして、日本に帰国させる』と明言した」と説明したという報道に接して、私は「あーっ、またその場限りの希望的観測のような…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  6. 6

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る