「米朝歴史的和解」の舞台裏と取り残された日本の命運<上>

公開日: 更新日:

 世界中が固唾をのんで見守った。シンガポールのリゾート地、セントーサ島のカペラホテルで12日、史上初の米朝首脳会談がついに始まった。

 トランプ大統領金正恩朝鮮労働党委員長が歴史的な対面を果たしたのは、予定より4分遅れの午前10時4分(現地時間午前9時4分)。6本ずつ交互に並んだ米朝両国の国旗を背に、2人はそれぞれ反対方向から現れると、中央でガッチリと右手で握手。当初は互いに硬い面持ちだったが、トランプが左手で正恩の右腕をポンポンと叩き、正恩が「お会いできて光栄です。ミスタープレジデント」と英語で語りかけると、互いの表情は緩み、代表記者団の記念撮影に応じた。

 トランプは真っ赤な“勝負ネクタイ”を結び、濃紺のスーツ姿。正恩は黒の人民服に身を包み、独特のヘアスタイルは普段に増して青々と刈り上がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る