玉ネギ皮むき機も 裏口入学だけじゃなかった“珍しい賄賂”

公開日:

 文部科学省の私立大支援事業の選定をめぐる汚職事件は、4日に受託収賄容疑で逮捕された佐野太容疑者が自分の子どもを東京医科大へ裏口入学させてもらったことを「賄賂」とみなした珍しいケースだ。

 一般に賄賂といえば、現金や腕時計、スーツの仕立券など金品が多いが、過去にも変わったものがあった。

 昨年1月には、兵庫県南あわじ市の元職員が業者に便宜を図った見返りにタマネギの皮むき用の小型空気圧縮機1台(35万円相当)を受け取っていた。

 2013年には大阪府松原市で、特別地方公共団体に位置づけられる「財産区」の管理委員が建設会社に受注の便宜を図った見返りに、自宅の改修工事(約250万円相当)をしてもらっていた。

 元東京地検検事の落合洋司弁護士はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る