“滑り止め”もアウトに 文科省の愚策で受験の現場は大混乱

公開日: 更新日:

 若者人口の減少で、入りやすくなったはずの大学。ところが、文科省のしゃくし定規な政策のせいで、今、受験の現場は大混乱に陥っている。私大の定員管理の厳格化である。

 文科省は、大都市への学生集中を抑制し、地方からの学生流出に歯止めをかけるため、3大都市圏の私大の定員超過にメスを入れている。これまで、大学は入学定員充足率(入学定員に対する入学者数)を、1.2倍までに抑えれば私学助成金が交付されていた。この基準が16年度は1.17倍、17年度は1.14倍、今年度は1.1倍と、ジワジワ厳しくされている。基準を超えると助成金は全額カットだ。

 実際、18年度の合格者数を見ると、法政、東洋、立命館は3000人以上減。早稲田も、2年連続2000人前後減らしている。定員割れは避けたいが、採り過ぎて、1.1倍を超えると補助金カットという経済制裁を食らう。とりあえず合格者を少なくしておいて、入学直前の3月に追加合格を出すしかない。中堅大学の入学予定者が追加合格で難関大学に流れると、中堅大学も追加合格、という玉突きが起きている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る