“滑り止め”もアウトに 文科省の愚策で受験の現場は大混乱

公開日:

 若者人口の減少で、入りやすくなったはずの大学。ところが、文科省のしゃくし定規な政策のせいで、今、受験の現場は大混乱に陥っている。私大の定員管理の厳格化である。

 文科省は、大都市への学生集中を抑制し、地方からの学生流出に歯止めをかけるため、3大都市圏の私大の定員超過にメスを入れている。これまで、大学は入学定員充足率(入学定員に対する入学者数)を、1.2倍までに抑えれば私学助成金が交付されていた。この基準が16年度は1.17倍、17年度は1.14倍、今年度は1.1倍と、ジワジワ厳しくされている。基準を超えると助成金は全額カットだ。

 実際、18年度の合格者数を見ると、法政、東洋、立命館は3000人以上減。早稲田も、2年連続2000人前後減らしている。定員割れは避けたいが、採り過ぎて、1.1倍を超えると補助金カットという経済制裁を食らう。とりあえず合格者を少なくしておいて、入学直前の3月に追加合格を出すしかない。中堅大学の入学予定者が追加合格で難関大学に流れると、中堅大学も追加合格、という玉突きが起きている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る