保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

天皇のためなら何をやっても許されると「大善」を妄信した

公開日: 更新日:
張作霖爆殺事件(奉天軍閥の指導者張作霖は専用列車で奉天に向かう途中、京奉線で爆破され暗殺された)/(C)共同通信社

 軍事指導者たちは何としても、戦争に訴えて局面を打開しようと考えているかに見えるが、現実には戦争それ自体が目的であった。軍人は本来なら、戦争の抑止力としての立場があるが、日本では戦争によって自らの存在を認めさせようという考え方にとらわれていたのである。昭和10年代の軍事指導者は2…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  3. 3

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

  10. 10

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る