“問題意識”を厚労省に伝えた中江元首相秘書官ノラリクラリ

公開日: 更新日:

 昨年のモリカケ国会でも繰り返された光景にウンザリした国民は多かったに違いない。統計不正を巡り、15日、衆院予算委員会に政府参考人として出席した中江元哉元首相秘書官(現財務省関税局長)。毎月勤労統計の調査対象入れ替えによる賃金変動について厚労省に「問題意識」を伝えた人物だ。野党側から当時の詳しい状況や理由などについて問われた中江氏は用意したペーパーを読み上げ、はぐらかし続けた。

 中江氏の説明によると、2015年3月、毎勤統計の1月の確報について厚労省出身の参事官から、従業員30人以上499人以下の調査対象事業所の入れ替えに伴うデータ変動の説明を受けたという。

 そこで「過去に遡って大幅に公表された数値が変わるようでは、経済の実態がタイムリーに表せられないのではないか。どうしてサンプルを全数入れ替えする、そういう方法を採用しているのか、ということを聞きました。経済の実態を適切に、タイムリーに表すために、改善の可能性について考えるべきではないか、という問題意識を伝えた記憶がございます」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る