長谷川学
著者のコラム一覧
長谷川学ジャーナリスト

1956年、兵庫県生まれ。早大教育学部卒。週刊誌記者を経て独立。近著に「成年後見制度の闇」(飛鳥新社刊・宮内康二氏との共著)がある。

転居願いを無視され終の棲家で暮らせず逝った原発避難の母

公開日: 更新日:

 母親は自分が買った東京都内の家に一度も足を踏み入れることなく、昨年3月、病院で亡くなった。92歳だった。

 娘の山田恵子さん(仮名=60代)は「母の成年後見人(弁護士)が転居を妨害したのが原因です。私はこの家で母を介護して見送ってあげたかった。それができなかったのが無念でなりません」と声を詰まらせた。

■転居願いを無視され

 亡くなった山田さん母娘は福島第1原発に近い双葉郡浪江町の出身だ。東日本大震災で被災した2人は、避難所や親族の家を転々。軽度の認知症だった母・千鶴子さん(仮名)の症状が悪化し、徘徊(はいかい)も始まり避難所での生活は困難に。やむなく千鶴子さんのみ、群馬県内の施設に一時的に入所した。

「認知症とはいえ、母とは会話が成り立っており、『一緒に暮らしたい』と母は話していました。放射能汚染の関係で浪江町の実家に戻ることは断念。母と住む家をいずれ探すつもりでした」(恵子さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る