米山隆一
著者のコラム一覧
米山隆一前新潟県知事・医師・弁護士

1967年、新潟県生まれ。東大医学部卒業。97年司法試験合格。医師として働くとともに、2011年から弁護士として活動。16年10月~18年4月、新潟県知事。現在は弁護士法人おおたか総合法律事務所の代表弁護士を務める。

感染拡大を招いた無知な官邸と「総ヒラメ」状態の霞が関

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染が19日午前8時現在で61人を数え国内の感染は新たなフェーズに入っています。

 ここまでの政府の対応は「後手後手」というより「失態続き」といっていいものだったと言えます。まずもって昨年の12月30日に武漢市衛生当局が「原因不明の肺炎に対する緊急通知」を出し、1月15日には国内初の感染者が見つかった。27日には武漢市が海外団体旅行を禁止していたにもかかわらず、日本が新型コロナウイルス感染症を指定感染症に指定し、湖北省に滞在歴のある外国人の入国拒否を決めたのは、中国の感染者数が1万人を超えWHOが緊急事態を宣言した31日の翌2月1日になってからでした。1月初めとは言わないまでも下旬には対応ができたはずで、遅きに失したのは明らかです。

 その後の大型客船ダイヤモンド・プリンセス号についてはさらにひどい。乗客の感染が分かった2月5日に検疫のために2週間の船内待機を命じたのはやむを得ないとして、密閉された船内に4000人近くをとどめ置く検疫でありながら船内では手洗いの徹底等以外には特段の感染予防措置を講じることはなく、7日には41人、10日には65人と新たな感染者が増え続けたにもかかわらずこれを放置し、結局、きのうまでに検査を受けた2404人のうち542人の感染が確認されるに至っています。感染率は22・5%という異様な高値で、しかもこの際、検疫官が防護服を着用することなく検査に臨み、自ら感染してしまうという「とほほ」以外の何物でもないおまけまでついています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る