東京マラソン追随か 新型肺炎拡大でスポーツ界がピリピリ

公開日: 更新日:

 3月1日に開催される東京マラソンで一般参加者の出走が中止になったことを、17日、主催の東京マラソン財団が発表した。

■返金なしの“ボッタクリ”

 原因は世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。国内でも毎日のように新たな感染者が見つかっている。東京マラソンには約3万8000人がエントリーしており、感染拡大の危険性が叫ばれていた。ちなみに走れなかった一般参加者は来年同大会の出走権は与えられるものの、参加料(国内ランナー1万6200円、海外ランナー1万8200円)は返金されず。しかも、来年はまた参加料を払わなければならないのだから、泣くに泣けない。

 東京マラソンの1週間後、3月8日に行われる名古屋ウィメンズマラソンもコロナウイルスに神経をとがらせている。こちらも一般参加を含め、出走者は2万人以上(昨年は2万1436人)。東京マラソンに追随するのか、広報事務局の担当者は日刊ゲンダイの問い合わせに、次のように答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る