国境封鎖した北朝鮮の現状 フランスから密かに医療チーム

公開日: 更新日:

 今月2日、北朝鮮が日本海に向けて2発の短距離ミサイルを発射した。飛翔体の発射は昨年11月以来だ。世界が新型コロナウイルスに怯えるなか、いま北の現状はどうなっているのか。

 北は中国で新型コロナウイルスが流行するや、世界に先駆けて中国との国境を封鎖した。ただし食糧やエネルギーは闇ルートで中国から提供を受けているから、ウイルスの流入は避けがたい。

「デイリーNK」によると、国境の新義州市で5人の死亡が確認された。北の国営放送は7000人が経過観察中と報じている。「労働新聞」によると、「事態を憂慮した北朝鮮政府は3万人の軍隊を投入し、家庭訪問による感染防止作戦を展開中」「外国からの訪問者には30日間の隔離態勢が組まれた」という。

金正恩の治療か感染予防か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る