太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

文大統領は「#しない運動」品薄マスク手頃価格で安定供給

公開日: 更新日:

 今月9日から薬局や郵便局などでマスクの制限販売が始まった。購入日は生まれ年の末尾によって決められる。例えば月曜日は末尾が1と6で、1986年生まれや2001年生まれなどが対象。火曜日は2と7、水曜日は3と8、木曜日は4と9、金曜日は5と0といった具合だ。週末は対象日に買いそびれた人たちが購入できる。1週間に2枚まで、計3000ウオン(約259円)。薬局は卸価格1枚1100ウオン(約95円)のマスクを1500ウオン(約129円)で売るため、儲けは400ウオン(約34円)だ。こうした情報が公開されるのも日本よりも透明性を感じるところだ。

 先週末、筆者が薬局でマスクを買おうとすると、住民登録番号の提示を求められて断られた。「自分のような短期滞在者はどうするのだ?」と抗議すると、「ちょっと待ってくれ」とのこと。すると、カウンター下の段ボール箱から黄砂、花粉用のマスクを取り出し、5枚で1万ウオン(約865円)だというので購入した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る