姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

ウイルス対策で加速する“非接触ビジネス” 各社開発を競う

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス禍の中国では、人と人とが接触しない「非接触」が次なるビジネスのキーワードだ。

 今や重要な社会インフラとなったのが非接触型体温計で、この混乱のさなかにも各社が新型モデルの開発を競い合う。一部の空港や地下鉄などでは、数百人単位の体温測定を漏らさず行う「非接触型AI体温測定器」が、また一部の町では1メートルの距離から測定できるハンディー体温計などが導入され始めている。

 四川省成都市では、警官が専用ヘルメットをかぶって体温測定を行っている。ヘルメットに装着された赤外線カメラを通して、視界5メートルの範囲の中にいる人の体温を測るというものだ。

 中国では、企業活動の再開とともに生活も正常化に向かいつつあるが、飲食業界では依然、店内での接客サービスは止まったままだ。マクドナルドなどのファストフード店は、早い段階から宅配サービスではなく、客が指定した配達地点に届けるという非接触型のデリバリーサービスに切り替えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る