リストラ加速へ 異次元に突入“新型コロナ”地獄の今後<上>

公開日: 更新日:

日本の感染率の低さは本当なのか、ラッキーなのか、今後はどうなる?

 WHO(世界保健機関)がパンデミック認定した新型コロナウイルスをめぐり、安倍首相は14日、先月29日以来の会見を開いたが、全国民に広がる不安と謎はますます深まったのではないか。

「皆さんの活気あふれる笑顔を取り戻す」「世界が手を携えれば乗り越えられない困難などない」などとまたも情緒的で、「前例にとらわれない」「間髪入れず」「一気呵成に思い切った措置を講じる」と威勢のいい言葉を吐くものの、具体的な説明はゼロ。

 この期に及んで、「人口1万人当たりの感染者数を比べると、わが国は0・06人にとどまっており、韓国、中国のほか、イタリアをはじめ、欧州では13カ国、イランなど中東3カ国よりも少ないレベルに抑えることができている」と胸を張ったが、その数字は欺瞞に満ちている。

 根拠が示されなかった「0・06人」はおそらく、集団感染を発生させた「クルーズ船」の感染者を除いた「国内」の感染者数から割り出したもの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る