法務省に激震…大物検察OBが「検察庁法改正案」反対へ決起

公開日: 更新日:

 ツイッター上では「#検察庁法改正案の強行採決に反対します」とのタグを付けたツイートが80万件を突破した。検察幹部を退く年齢に達しても政府の判断でポストにとどまれる特例規定を新設する検察庁法改正案に対し、抗議が噴出。大物検察OBも決起した。

 田中角栄元首相を逮捕・起訴したロッキード事件を担当した松尾邦弘元検事総長(77)や清水勇男元最高検検事(85)ら検察OB14人は15日、「検察組織を弱体化して時の政権の意のままに動く組織に改変させようとする動きで看過できない」として、法案に反対する森雅子法相宛ての意見書を法務省に提出した。渦中の人となった黒川弘務東京高検検事長らに対し、朝日新聞で〈自ら辞職すべき〉と迫った堀田力元法務省官房長も名を連ねた。

■松尾元検事総長「黒川さん先頭に内部で議論を」

 元検察トップが政府提出法案を真正面から批判するのは異例中の異例だ。会見した松尾氏は「検察官に一番大事なのは自主独立。ある検察官に定年延長を認め、他は認めないとなると、政権が検察に影響を与える余地が生じる」と懸念を示す一方、「個人的な希望だが、内部で十分議論するという検察のスタイルを黒川さんが先頭になって深めてもらえればいい。議論する中で国民の理解の範囲内で解決できる体質を持っている」と自浄作用に期待を示した。産経新聞への寄稿で決起のきっかけをつくった清水氏は「政治的な影響がない中で、悪いものは悪いとハッキリ言える組織でなければいけない」と力を込めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  3. 3

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  6. 6

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  7. 7

    石破氏が衝撃発言 改めて震撼する前法相夫妻巡る国家犯罪

  8. 8

    差別は悪なのに…なくならないのは利用する者もいるからだ

  9. 9

    検察庁法改正ではなく刑法185条の罰則規定の具体化が必要

  10. 10

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

もっと見る