菅首相が任命拒否 学者6人が政府を訴えることは可能なのか

公開日: 更新日:

 日本学術会議が推薦した6人の任命を拒否したことについて、「法に基づいて適切に対応した結果だ」「総合的、俯瞰的活動を確保する観点から判断した」「多様性が大事だ」――と、説明を次々に変えている菅首相。

 完全に説明不能に陥っている。しかし、どんなに「任命拒否は違法だ」と批判されても、<公務員の選定>は<国民固有の権利>と定めた憲法15条を根拠に「適切に対応した」と突っぱねるつもりだ。とうとう、ネット上では「裁判で白黒つけるべきだ」との声が飛び交い始めている。

 菅サイドは、裁判になることを恐れているという話も流れている。学術会議は菅首相を訴えるのか。日刊ゲンダイが学術会議の事務局に「任命拒否の取り消しを求める行政訴訟を起こす考えはないのか」と質問すると、「学術会議は国の機関なので国を訴えられない」とのことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

もっと見る