女学生だった戦争の語り部「種子島と馬毛島は親子です」

公開日: 更新日:

 鹿児島県西之表市にある無人島、馬毛島。2019年11月に防衛省が地権者と売買合意したことにより、自衛隊基地が建設され、米空母艦載機の飛行訓練が恒常的に移転される計画が現実味を帯びた。種子島では米軍再編交付金をはじめとする基地建設の経済的恩恵を期待する声も強まるが、反対の声は根強い。島の高齢者には日米戦争の記憶が残っているからだ。そのような中、1月31日には市長選と市議選の投開票があり、基地誘致が最大の争点になっている。

 島の住民が「語り部」と呼ぶ人物がいる。下村たみ子さん(91歳)だ。戦後75年が経ち、当時を知る人は少なくなるばかり。下村さんは15歳のときに敗戦を迎え、戦後は小学校の教員として働いた。種子島と馬毛島の記憶とは。

「女学校の4年生のときが終戦(1945年)の年でした。いまでいう高校1年です。45年の3月に学校は閉鎖になり、小学2年生から6年生までは鹿児島に疎開しました。それ以上の歳の子どもは使いみちがあると種子島に残りました。中種子(種子島中部地域)に飛行場があって、飛行機を隠す壕を作られていました。私たちはそこでキャベツなどの乾燥野菜をつくったりしていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  9. 9

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る