【茨城】立憲と国民民主がギクシャク…オール新人対決は加藤と堂込が安泰

公開日: 更新日:

茨城(改選数2)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

 ◇  ◇  ◇

【茨城】

○○加藤 明良54 自新
  佐々木里加55 維新
  大内久美子72 共新
  丹羽 茂之30 N新
  村田 大地45 N新
○○堂込麻紀子46 無新

 昨年11月、立憲現職の郡司彰が引退表明。立憲県連は公募で独自候補擁立を進めたが、党本部の結論は連合が推す無所属候補の支援だ。すると県連内はモメにモメた。

「イオンリテール勤務の堂込さんは国民民主支持の産別労組『UAゼンセン』に所属。しかも、すでに公募は党所属の女性県議に内定していた。4月に推薦を出す寸前まで県連内では『あくまで独自候補を立てるべき』と強硬な意見が噴出。最後は常任幹事会での異例の採決で推薦を決めた。いくら国民民主に抵抗感があっても、連合の力を借りなければ選挙にならないのも事実。割り切って堂込さんを応援するしかない」(立憲県連関係者)

 分裂は回避したが、国民民主の玉木代表が来県すれば街頭演説は国民民主の主催、立憲の大西選対委員長が来れば立憲主催と両党はメンツを気にする。演説に動員される組合員も支持政党ごとに聞く場所をすみ分け、互いに話もしない。団結はしても「一丸」とは言えない雰囲気だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾