• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜ愛犬イブの法要の日にお手伝いさんは激怒したのか?

投稿日:

「Kさんが殺したんだ」――。

 愛犬イブが死んだとき、社長が、お手伝いのKさんに向かってそう言ったのは確かだ。しかし、それは冗談にしか聞こえなかった。誰も本気で殺したとは思っていない。

 私は5月7日の朝4時、社長から電話でイブの死を知らされている。社長は東京の聖路加国際病院で診察を受けるため、番頭のマコやんがハンドルを握るベンツに乗り、田辺から120キロほど離れた関西空港に向かっていた。本来なら自宅から15分ほどのところにある南紀白浜空港を利用すれば便利だが、便数が少なく通院には不向き。診察時間に間に合わせるために、関空から羽田に飛ぶのだ。

「きょうは会えないけど、あす一緒に田辺に行きましょうよ」

「そうか。じゃあ、よろしくお願い申し上げます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る