楽天・松井 「縦角度は野茂」「下半身は上原」のいいとこ取り

公開日: 更新日:

「三振はマグレでは取れません。三振が多い理由は2つの角度にあるように思う。ひとつは縦の角度。オーバースローの野茂(元ドジャースなど)が左で投げているイメージです。もうひとつは横の角度。松井のボールには右打者のふところに食い込む角度がある。この角度によってスライダーはまっすぐに近い軌道から曲がっているのでしょう」

■球速を上回る体感速度

 さらに松井のフォームには、打者が実際の球速以上に速く感じる秘密が隠されているという。

「股関節をうまく回転しながら、踏み出す右足に全体重を乗せている。この際、(プレートを蹴った)左足は三塁側まで回ります。大リーグに多いフォームです。巨人時代ではなく、メジャーに行ってからの上原(現レッドソックス)の投げ方に似ています。よく上体に頼って下半身を使えていないといいますけど、そうではない。腕を最も振れるような下半身の使い方をしている。下半身をうまく使っているからこそ、腕が振り切れるのです」(吉井氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る