日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

故障懸念は杞憂 松井裕樹のフォーム「問題なし」と専門家

「全力をぶつけてチームの勝利に貢献できる投球をしたい」
 4月2日のオリックス戦で正式にデビューすることが決まった楽天のドラフト1位左腕、松井裕樹(18=桐光学園)が堂々と言った。

 松井はオープン戦で4試合に登板。計16イニングを投げて2勝無敗、防御率1・13の成績を残した。17奪三振は摂津、中田(共にソフトバンク)と並ぶ最多タイ。ドラ1ルーキーへの期待が高まる一方で、他球団のスカウトの中にはいまだに「1年持つわけないだろ」という声がある。

 一時は星野監督に開幕投手に抜擢しようと思わせるほどだったが、「174センチと投手としては小柄な体を目いっぱいに使って投げる力投型。左ヒジが下がり、上体をそっくり返らせて投げるあのフォームは、高校時代から故障が懸念された。肩やヒジへの負担が大きいから、シーズン中に体が悲鳴をあげる」と、いうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事