• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

故障懸念は杞憂 松井裕樹のフォーム「問題なし」と専門家

「全力をぶつけてチームの勝利に貢献できる投球をしたい」
 4月2日のオリックス戦で正式にデビューすることが決まった楽天のドラフト1位左腕、松井裕樹(18=桐光学園)が堂々と言った。

 松井はオープン戦で4試合に登板。計16イニングを投げて2勝無敗、防御率1・13の成績を残した。17奪三振は摂津、中田(共にソフトバンク)と並ぶ最多タイ。ドラ1ルーキーへの期待が高まる一方で、他球団のスカウトの中にはいまだに「1年持つわけないだろ」という声がある。

 一時は星野監督に開幕投手に抜擢しようと思わせるほどだったが、「174センチと投手としては小柄な体を目いっぱいに使って投げる力投型。左ヒジが下がり、上体をそっくり返らせて投げるあのフォームは、高校時代から故障が懸念された。肩やヒジへの負担が大きいから、シーズン中に体が悲鳴をあげる」と、いうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る