楽天・松井裕 5回無失点でも懸念される「見えない欠点」

公開日: 更新日:

 圧巻の投球だった。楽天松井裕樹(18=桐光学園)が5日のロッテとのオープン戦に先発。5回を4安打無失点6奪三振と、2月23日の巨人戦に続いて得点を許さなかった。

「練習通りに投げることに集中した。ゼロという結果が欲しかった」
 と試合後に話した松井。本来の予定では2回目の登板は週末の中日戦だったが、首脳陣が「前回登板から間隔が空きすぎる」と判断。前日4日に、急きょ先発が決まった。ということは、すでに星野監督も開幕ローテとして計算しているのは間違いなさそうだ。

 そんな松井が早く経験しなければいけないのが、これでもかと弱点を攻められることだ。投球に比べて、牽制、クイック、フィールディングはアマチュアレベル。この日はセットポジションからの投球でボークを取られた。

 田中将大(現ヤンキース)も1年目の07年は被盗塁28。両リーグ通じてワーストだった。それでも野村監督(当時)は一軍で投げさせながら修正。翌春キャンプでクイックを習得させると、08年の被盗塁は7に激減した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る