• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天・松井裕 5回無失点でも懸念される「見えない欠点」

 圧巻の投球だった。楽天の松井裕樹(18=桐光学園)が5日のロッテとのオープン戦に先発。5回を4安打無失点6奪三振と、2月23日の巨人戦に続いて得点を許さなかった。

「練習通りに投げることに集中した。ゼロという結果が欲しかった」
 と試合後に話した松井。本来の予定では2回目の登板は週末の中日戦だったが、首脳陣が「前回登板から間隔が空きすぎる」と判断。前日4日に、急きょ先発が決まった。ということは、すでに星野監督も開幕ローテとして計算しているのは間違いなさそうだ。

 そんな松井が早く経験しなければいけないのが、これでもかと弱点を攻められることだ。投球に比べて、牽制、クイック、フィールディングはアマチュアレベル。この日はセットポジションからの投球でボークを取られた。

 田中将大(現ヤンキース)も1年目の07年は被盗塁28。両リーグ通じてワーストだった。それでも野村監督(当時)は一軍で投げさせながら修正。翌春キャンプでクイックを習得させると、08年の被盗塁は7に激減した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る