日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバル球団も舌を巻く 楽天・松井裕樹の「頭脳」と「計算」

「彼の一番の長所はアタマだよ、アタマ」

 こう言ったのは、某球団のスコアラーだ。

 19日のDeNA戦で楽天の松井裕樹(18=桐光学園)がオープン戦4試合目となる先発。初回は3者連続三振に打ち取ったものの、二回に走者を出してから投球が不安定になり3安打を浴び2失点。オープン戦最後の登板を、4回4安打1四球2失点、5三振で終えた。

 初回には人生最速となる150キロを出したものの、高校時代に慣れ親しんだ横浜スタジアムだけに松井は「単純に(スピードガンが)緩いだけ」と一蹴。「真っすぐやボール自体の調子はいい。制球やボールの組み合わせ、先頭打者をしっかり切ることが大事になる。失点? 悔しいけど、いいふうに取るしかないですね」と話した。

■「警戒? 当り前だろ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事