楽天・松井 「縦角度は野茂」「下半身は上原」のいいとこ取り

公開日: 更新日:

 本拠地での今季2戦目となるオリックス戦(4月2日)でデビューする楽天松井裕樹が、26日、コボスタ宮城で行われた社会人・日本製紙石巻との練習試合に登板した。

 2番手でマウンドに上がり、4回を3安打無失点。「いい球がたくさんありました」と手応えをつかんだ直球で押し、奪った三振は8。五回には3者連続、六回から七回にかけては5者連続で三振を奪った。

 12年夏の甲子園で1試合22奪三振をマークした「ドクターK」怪物左腕。実戦でいくつ三振をもぎ取るのか、2ケタ勝利もあるのか、野球ファンの関心は膨らむばかりだが、ここまでの松井の投球を野球評論家はどう見ているか。
「牽制、クイック、フィールディングなどは経験や努力次第で、ある程度、上達します。昨年の阪神が藤浪を大切に使ったように、大事に起用していけば去年の藤浪(10勝6敗)より勝つかもしれません」と吉井理人氏はこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  7. 7

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る